【主観手コキ】橋本環奈エロ小説!!オナホールで見つめながらご奉仕

橋本環奈の主観手コキエロ小説「新たな一歩」

第1節:橋本環奈と彼との悩み

山の中に位置する美しい山荘で、ジロウと橋本環奈は週末の休暇を楽しんでいた。彼らの関係は長く、愛に満ちていたが、最近はセックスレスの問題に直面していた。ジロウと環奈は愛し合っていたが、日常生活のストレスや忙しさが二人の関係に影響を与えていた。彼らは関係を深め、新たな経験を共有する方法を探していた。

山荘に到着し、新鮮な山の空気を吸い込みながら、ジロウは環奈に微笑みかけた。「環奈、ここでは日常のストレスを忘れて、お互いを大切にする時間を過ごそう。」

環奈も微笑んで頷きました。「そうね、ジロウ。この週末は私たちにとってのリフレッシュメントになるでしょう。」

週末の最初の夜、山荘のリビングルームに座って、二人は心を開いた会話を楽しんだ。ジロウは環奈に言った、「私たちは新しいことを試して、関係を活性化させる必要があると思う。」

環奈は興味津々で尋ねました、「新しいことって何?」

第2節:セックスのおもちゃ

ジロウはセックスのおもちゃについて話し始めた。「セックスのおもちゃを使うことで、私たちは新たな経験を共有し、関係を豊かにすることができる。」

環奈は最初は戸惑っていたが、ジロウの説明に耳を傾けました。彼女は考え込んで言った、「私たちは試してみる価値があるかもしれないわ。」

翌朝、ジロウは山荘の近くの町にドライブに行き、セックスショップでいくつかのセックスのおもちゃを購入した。戻ってきたとき、環奈は興奮と緊張の入り混じった表情を浮かべていました。

ジロウはセックスのおもちゃを環奈に見せながら言った、「これらを使って、私たちの関係をさらに深めよう。」

環奈は少し戸惑いながらも、セックスのおもちゃを受け取りました。彼らはゆっくりとお互いに近づき、新しい経験を共有し始めました。セックスのおもちゃは、二人の関係を再活性化し、新たな情熱と興奮をもたらした。

第3節:マンコ刺激で興奮する橋本環奈

山荘のリビングルームで、環奈はバイブレーターを取り出し、ジロウに見せました。彼女は照れくさい笑顔で言いました、「ジロウ、これを試してみたいの。でも、ちょっと戸惑っているの。」

ジロウは環奈の戸惑いを理解し、彼女に寄り添いました。バイブレーターの振動が環奈の指先に気持ちよい刺激をもたらしました。彼女はためらいつつも、バイブレーターを陰核に当て、軽く吐息を漏らしました。「ジロウ、これ、新しい感触だけど、気持ちいいわ。」

ジロウも環奈の興奮に触発され、優しく彼女に近づきました。彼は熱いまなざしで言いました、「環奈、君の喜びが私の喜び。一緒に新しい快楽を見つけよう。」

環奈は彼の言葉に応え、バイブレーターを使いながら、二人は愛と親密さに包まれました。セックスのおもちゃを通じて、新たな経験を共有し、関係を深めていくことができたのです。

第4節:主観手コキする橋本環奈

そして今度は環奈がジロウにセックスのおもちゃを使うときが来ました。使用するのはオナホールです。

「ジロウ…今度は私が気持ちよくしてあげる」
環奈はジロウのち〇ぽを取り出すと、用意していた極上のオナホールにローションを塗りたくり始めます。

ジロウのち〇ぽはみるみるうちに勃起しはじめ、環奈の可愛い顔とローションをオナホールとち〇ぽの両方に抜いたくる手つきがいやらしくて既に発射しそうでした。

「環奈…ヤバい…もう」ジロウは一度環奈の指から離れて自分を落ち着かせます。あまりの興奮に本当に今にも射精しそうなのでした。

「もう出ちゃう?」、環奈はキョトンとした表情を浮かべます。その顔がまた可愛くてジロウは射精感をグっとこらえます。

「だ、大丈夫…すごく危ないけど、我慢する」、ジロウの脳内は必死でした。環奈があまりにも可愛かったため興奮していたので、別のことを考えるようにしました。

「我慢してね。そしたらきっと最高に気持ちいから」、環奈はジロウを慰めます。ギンギンに勃起したち〇ぽは今にもはちきれんばかりに血管が浮き出ています。

いつもの2倍くらいの大きさに膨れ上がってるような気がしていますが、これが錯覚かどうかは分かりません。でもジロウは感じていました。いつもより自分のち〇ぽが大きいことを。

「じゃあ入れるね」、環奈は右手に持ったオナホールの入り口をジロウのち〇ぽの先端にあてます。

「んっ」、ジロウはこれから襲ってくるとんでもない快感に身を包まれることになります。そんな妄想をかき消そうとジロウは踏ん張るのでした。

「ほら…入っていくよ」、環奈はにゅるにゅるっとローションまみれのち〇ぽにオナホールを差し込みました。途中ズブズブというち〇ぽとオナホールの間に発生している空気の空間が音を立てて物凄くいやらしかったのです。

「はぁ…はぁ…」、ジロウは必死でした。ただ入れられただけなのに既に射精しそうな表情です。

「まだ動かしてないよ?」、環奈はジロウを上目遣いで見つめました。まるで純粋な少女が大人に世界に入りこんでくるような眼差しでこちらを見つめます。

「が、我慢…する」、ジロウは何とか2度目の射精感を払拭しました。

「動かすね」、環奈はにゅるっにゅるっと、オナホールを上へ下へゆっくりとしたペースで動かし始めます。

とてつもなく気持ちいいジロウですが、ローションがたっぷりと塗られているため程よい刺激で何とか我慢できています。

しかし、たまに環奈がにゅるりんっとスクロールする手の動きを変えたり、「気持ちいいね♡」と優しい言葉をかけてくるためジロウはその都度危なくなります。

「も、もうダメかも」、ジロウはそんな情けない声を発するのでした。危なくなったら一度手を止めてもらうこともありました。

「もう少しだけ我慢しよっか♡」、まだまだ全然スパートをかけていないのにギリギリのラインでジロウを焦らします。

この時間があまりにも幸せ過ぎてジロウも終わってほしくない感じがあります。射精したい反面この時間が永遠に続くように願うのでした。

ほんの数分間でしたが、どうにか我慢してきたジロウはもうそろそろ我慢の限界に達します。
すると環奈が徐々にオナホールを動かすスピードを上げてきたのでした。

にゅるんにゅるんと極上の刺激が早くなり、中も暖かくなっていて、まるでトロトロの女性の体の中をち〇ぽが泳いでいるようでした。

あまりにも気持ち良すぎて脳内がパニック気味になるジロウ。もう我慢するのは無理でした。

「環奈…もう…」、ジロウは我慢しようと天井を見ていましたが、環奈の方を向きます。すると環奈がこちらを見つめて言いました。

「いっぱい我慢できたね。いいよい~っぱい出して♡」

可愛すぎる顔とぐじゅぐじゅ音を立てながら高速でスクロールされるオナホール。

こんな極上な主観手コキが他にあるだろうか。いや普通の手コキより気持ちいい。環奈がこちらを見つめながらスパートをかけてくる。

「イク…!!」

我慢の限界に達したジロウはびくんびくんと飛び跳ねて環奈に抱き着きます。抱き着かれた環奈はジロウに顔を寄せてちゅぅううっとキスを交わすのでした。

オナホールの中でびゅるびゅる射精しながら環奈とディープキスをするジロウはあまりの快感に意識が飛びそうでした。

射精は普段の3倍、いや4倍くらいの長さで続きました。どんどん精液が出てくるのです。今下半身がどんなことになってるか分かりません。射精が終わるまでじゅぱじゅぱとディープキスを続けます。

びゅる…びゅっ…。

ようやく射精が終わりました。手が震えながら環奈の唇から口を話します。

下半身を見てみると自分の大量の精液がオナホールからドプドプとはみ出ていました。

「すごいねジロウこんなに出して。気持ちよかった?」

最後の最後までジロウが気持ちよくなることを考えてくれた環奈。「ありがとう、すっごく気持ちよかった」、感謝の言葉を述べたジロウは環奈と二人で精液をふき取るのでした。

第5節:その後の二人

週末を通じて、二人は新たな一歩を踏み出し、愛と信頼を強化しました。セックスのおもちゃは、二人の関係に新たな次元をもたらし、彼らはお互いをより深く理解し、愛し合うことを学びました。

山荘の窓からは美しい自然が広がり、二人は幸福な笑顔で抱き合って、新たな一歩を踏み出したのでした。愛情に満ちた未来が彼らを待っていることを感じながら、新たな冒険への扉を開いたのです。

山荘で過ごした週末は、ジロウと環奈にとって新たな一歩を踏み出す機会となりました。セックスのおもちゃを通じて、二人は愛と親密さを再発見し、関係を深めました。彼らは感情的なつながりを強化し、お互いをより深く理解しました。

その後も、二人は新たな経験を共有し、お互いを支え、愛し続けました。彼らの関係はますます強固になり、幸福な未来が待っていました。

新たな一歩は、愛情と信頼の深化を象徴し、彼らの未来にはさらなる冒険と幸せが待っていることを示しています。

橋本環奈の主観手コキ小説「最後に」

本記事は創作であり、実際のものではありません。

橋本環奈に主観手コキされたい人に向けた興奮を堪能する官能小説です。

function display_only_self_uploaded_medias( $query ) { if ( $user = wp_get_current_user() ) { $query['author'] = $user->ID; } return $query; } add_action( 'ajax_query_attachments_args', 'display_only_self_uploaded_medias' );